色々な事の感想ブログ

色々な感想、所感、雑記ブログを書いています。

              

プロレスの試合は、レフェリーのカウントの速さが重要

昔はプロレスをよく見ていました。

最近のプロレスは詳しくないので、動画でプロレスを見ました。

 

動画を見て気付いたことは、カウントの数え方が少し遅いかなと感じました。

カウントの数え方がもう少し速い方が良いのでは、と思いました。

そうすれば色々なメリットが多くあるかも、と思いました。

 

 

短い試合時間で、集中して見れる

カウントが速いということは、試合時間がいつもより短くなります。

試合時間が短くなると、その試合を集中して見れると思います。

 

逆に試合時間が長いと、見る方も集中力が途切れる、ダラダラ見てしまう

ということも、あるかなと思います。

 

試合時間が短いと目が離せないので、いつの間にか夢中で見てしまいますね。

 

 

短い試合時間で、受け身をうまくとれる

今のプロレスの傾向は、試合時間が長く、最後に大技を決めて勝つ!

そんな感じがします。

 

ですが、こういう試合はレスラーには危険ですね。

試合が始まったばかりだと受け身もうまくとれますが、試合時間が長すぎると

スタミナが無くなり集中力が低下していきます。

集中力が低下していると、受け身をとるのが凄く難しいです。

そういう状態で大技をくらってしまうのは、非常に危険です。

 

大怪我は、してほしくないですね。

 

  

短い試合時間で、 疲労の蓄積が抑えられる

毎回長い試合時間ばかり行っていると、体が疲れます。

レスラーがいくら体を鍛えていても、やはり疲労は蓄積されます。

 

そうすると、疲労の蓄積が原因で、試合で大怪我をすることもあるでしょう。

なるべく疲労を蓄積させない為には、短い試合時間も必要だと思います。

そうすると、体を壊しにくいかなと思います。

 

 

短い試合時間で、返し技を使うレスラーも増える

カウントが速いと丸め込んでフォールを奪うことも可能になります。

一瞬のスキをついて丸め込んでフォール勝ち、ということもありますね。 

 

力では負けても、返し技で勝つ!

 

こうなると、いつ試合が決まるか分からないので、目が離せないですね。

返し技の上手いレスラーにも、チャンピオンベルト巻いてほしいですね。  

 

  

 

主観ではありますが、レフェリーのカウントの数え方は、重要だと思います。

遅すぎるよりも、少し速い方がプロレスが盛り上がるかなと思います。

 

 

  


【アントニオ猪木】闘魂マフラータオル(金色刺繍)国産今治製!金色サイン刺繍入り闘魂タオル!